Teck Watch

< BACK

「Simple Habit」~忙しい日々を送る人達のための”心を整える瞑想アプリ” 創業者・Yunha Kim氏インタビュー

  • Apps
  • Entrepreneur
Posted by 玉井和佐  - 2016.6.30 09:06 -

今回は、シリアルアントレプレナーであるYunha Kim氏にインタビューを行った。2013年に創業した Android携帯のロックスクリーンに記事や天気、広告といった様々なコンテンツを表示するアプリ「Locket」は、その新たな広告ツールとしての可能性をかわれ、昨年ショッピングアプリのWishによる買収が成立。その後、しばらくの時を経て、メディテーション(瞑想)アプリを提供する「Simple Habit」を創業する。オフィシャルリリースを前にそのプロダクトと開発経緯について伺った。

過酷な最初の起業が生み出した「心を健やかにする瞑想アプリ」

――Simple Habit について教えて下さい。

「Simple Habit」は忙しい日々を送る人達のための「心を健やかにする瞑想アプリ」(メディテーションアプリ)です。たとえて言うと「Netflixのメディテーション版」と言うと分かりやすいですね。夜に寝付けない時、仕事でストレスを感じているときなどの、ユーザーの心理状況や、起床時、通勤途中、就寝前と言ったシチュエーションに合わせて様々なオーディオコンテンツを楽しむことができます。

thumb_2. Product Screenshot a_1024

――メディテーションというと大きなトレンドになっていますし、App Storeにも数多くのメディテーションアプリがたくさんありますが「Simple Habit」の独自の特徴は何ですか?

「Simple Habit」の特徴は大きく3つあります。1つはハーバード大学の心理学研究チームと協力して、科学的根拠に基づいた質の高いコンテンツを用意しているという点です。2つ目は、コンテンツを用意する講師陣のバラエティの多さです。他のメディテーションアプリの多くは、1人の講師が用意した限られたコンテンツの中でメディテーションを体験します。だから、ユーザーは長くても1か月足らずでサービスに飽きてしまうんですね。

その点「Simple Habit」は、私達が慎重にフィルターした質の高い講師陣がコンテンツを日々アップデートしているので、ユーザーが飽きることなくサービスを楽しむことができます。現段階で既に400近くのコンテンツが用意してあって、今後も増えていく予定です。

そして3つ目はコンテンツの長さです。どれだけ忙しい人でも空き時間に気軽にメディテーションができるよう、オーディオコンテンツは全て5分の長さに設定してあるのです。

先日オフィシャルリリースの前に、Apple StoreのFeatured Appに取り上げられ、1週間のダウンロード数が30,000に達しています。当初は、出だしの2週間は3,000程度のアクティブユーザーを想定していたのですが、幸いなことに今は10,000ものユーザーにサービスを使ってもらっています。

――前回創業した「Locket」とは全く違うビジネスですが、メディテーションアプリを作ろうと思ったきっかけは何ですか?

「Locket」のサービスに取り組んでいる時、私自身がストレスとプレッシャーで精神的に燃え尽きてしまいそうな時があって、ストレスリリースにまつわるありとあらゆるアプリを試してみたけれど、デザインが不便だったり、コンテンツが薄くてすぐに飽きてしまったんです……。だから、どちらかというと、自分にどうしても必要なアプリだったから作りたかったというのはありますね。

thumb_2. Product screenshot b_1024

時間が経つにつれて、チャンスをつかむリスクもコストも増えてくるのです

――「Simple Habit」の開発にあたってで苦労したことは何ですか?

正直言うと、以前の「Locket」の頃に比べればすごく楽ですよ。

というのも「Locket」を創業した頃は何もかもが初めてだったし、その上、全てを完璧にしたがる私には癖があるから、どれだけ非効率で時間がかかっても自分をとことん追い詰めて作業をこなしていたのです。

今は、エンジニアの採用からサービス開発まで「Locket」で散々苦労した分、物事の諦め所が分かるようになって、それはすごく助かっています。

幸いにもとても優秀なエンジニアとデザイナーが加わってくれて、彼らと毎朝仕事を始める前にメディテーションしています。これがとても良くって、頭もすっきりするし気付いたら「ここをこうしたらもっと良くなるんじゃない?」って言うサービスのディスカッションになったりしていて、すごく充実していますね。

私達は「Simple Habit」を「忙しくてメディテーションする暇もない人達」をターゲットに作っています。中には外科医の人が手術前に心を落ち着けるため「Simple Habit」を使っているという面白いフィードバックもありました。「Simple Habit」を日々使っていると呼吸法や自分のストレスコントロールも身につくので是非多くの人に使ってもらいたいですね。

――起業を考える同世代にメッセージを頂けますか?

色々な人の相談を聞いていると、彼らはよく「2, 3年以内にこんなアイディアで起業しようと思っている」と言うのだけれど、そのほとんどが月日が経つにつれ、家族ができたり、生活費が上がったり、そもそもアイディアを形にするだけのリスクをとること自体が難しくなって何のチャレンジもできず落ち着いてしまいます。

確かなのは「時間が経つにつれて、チャンスをつかむためのリスクもコストも大きくなる」ということです。だからその気があるのであればできるだけ早いうちにリスクをとってチャレンジしてみることだと思いますよ。