Teck Watch

< BACK

SUKIYAKI SUMMIT 2016開催レポート~日本企業発で先人の知恵から新しい価値の創造を

  • Entrepreneur
  • Event
  • SUKIYAKI
Posted by 玉井和佐  - 2016.11.14 01:11 -

11月01日、シリコンバレーの有名インキュベーターPlug&Playと共催で、新規事業開発コミュニティ SUKIYAKIによるSUKIYAKI Summit 2016が開催され、日本企業新規事業担当者やコーポレートVCなどを含む約160名がイベントに参加した。
「日本企業×スタートアップ」で未来を創る、というビジョンを掲げるSUKIYAKIは日本企業とシリコンバレーのスタートアップのマッチングといった機会創出、提携ノウハウとの共有を通じ、アライアンスサポートを行っている。

「数多くの日本企業がシリコンバレーでの新規事業開発に挑戦し、失敗を繰り返してきた。この失敗談にこそ本当の価値が眠っている。失敗から学んだ知恵を蓄積し、コミュニティでしっかりと共有していきながら次に活かしていくための土壌を肥やしてかなければならない。」
と壇上で語るのは2015年7月にヤマハ・モーター・ベンチャーズ・アンド・ラボラトリー・シリコンバレーを設立し、シリコンバレーで新事業開発に取り組む西城洋志氏。

14938035_1809291749348175_1623203880_n

次にSAP米国支社の小松原氏による、デザイン・シンキングを企業文化に取り入れ、シリコンバレーの有名テクノロジー企業と肩を並べるまでに成長したSAP社の成功事例が紹介された。
その他シリコンバレーの新規事業開発の現場で積極的に活動する、YJ America 知久氏、Panasonic 森氏、ニフティ上野氏の三者によるパネルディスカッションがとり行われ、オーディエンスからは「新規事業開発者が頭を抱える本社との意思疎通や予算交渉をどのようにしてクリアしてきたか?」と言った現場ならではの質問が飛び交い、笑いを交えつつも当事者ならではの経験談が語られた。

14961517_1809291966014820_594849141_n

今回のイベントを主催した「SUKIYAKI」Co-founderの木村将之氏は「シリコンバレーでは、新しい技術、ビジネスアイディアがタケノコのように生まれてきています。一方で、日本企業では意思決定に、時間がかかり、その技術やビジネスアイディアをなかなか活用できていません。まずはスタートアップから自分自身、そして日本を信頼してもらえるようになるために、シリコンバレーのベンチャーコミュニティへのGiveを繰り返していく。その上で、日本企業とシリコンバレーベンチャーがWin-Winとなる接点を見つけ、一緒に事業を作っていきたい。」 と語っている。